糖尿病・高血圧・糖質異常症 生活習慣病の治し方

糖尿病・高血圧・糖質異常症の治し方


○糖尿病
○高血圧
○糖質異常症

 

この3つは生活習慣病と呼ばれるものになります。
生活習慣病とは、さまざま病気の
糖尿病・高血圧・糖質異常病に加えて
最近ではガン・脳血管疾患・心臓病なども
生活習慣と深くかかわりがあるとされていて
今では生活習病に含まれています。

 

生活習慣病とは、読んで字のごとく
生活習慣に深くかかわる病気であり
主に飲酒・喫煙・偏った食事生活・過度のストレスなどの
好ましくない生活習慣や環境によって引き起こされれう病気のことです。
海外の研究ではありますのが、喫煙が約2倍程度のリスクが高まるとの
研究があるほど生活習慣と密接に関わっています。

 

生活習慣病は、かつては成人病と呼ばれていましたが
生活と密接に関係があり予防が可能であるとの認識を
広めるため名称が変更され、今では誰でも一度は聞いたことがある
病名となっています。


糖尿病

糖尿病とは

 

血糖値とヘモグロビンの値が正常の値より
高い疾患のことである。

 

血糖値とは血液内のグルコースの濃度です。
グルコースとは「ブドウ糖」のことです。
多く含まれるものはブドウ・いちぢくなどの果物や
ごはんやパンなどの炭水化物にも含まれます。
この糖を多くとりすぎてしまうと
有効に使われず様々な影響を
全身に及ぼしてしまいます。

 

糖尿病は、かつて東洋医学では消渇(しょうかち)と呼ばれていて、
この症状として、のどがひどく乾き、多量の水分補給を行っても
のどの渇きが改善されず、尿量も少ないことが挙げられていました。
しかし現在では消渇(しょうかち)は、脱水症状に分類されており
糖尿病とは切り離されて考えられています。

 

 

 


高血圧

高血圧とは

 

血圧が正常の範囲を大きく超えていじされる
状態のことを指します。
高血圧は自覚症状がないことが多いですが、
イライラしやすいなど気分が高揚しやすい人に
なりやすいとされています。
この高血圧は通院されている患者さんが発症している病気では
第1位でこれは男女ともに第1位ですので、
日本人にとって一番なりやすい病気とされています。
この高血圧は重度、軽度関係なく高血圧と診断されている方は、
脳卒中や腎不全などの重大な病気に非常につながりやすい病気といえます。

 

血圧は、時間と体調で変動しやすいものでもあり、
診断を受けるときは、医師の指示のもと行われた血圧測定のもと
最低でも2回異常は行われないといけないとされている。

 

 


 



糖質異常病

糖質異常病とは

 

悪玉コレステロールが異常に増えること、もしくは
善玉コレステロールが正常よりへってしまってことです。

 

コレステロールとは、食べて摂取されると
思っている人が多いと思いますが、コレステロールの
ほとんどが体内で合成させています。
つまり体内でこれステロールは作られるものですが、
摂取することももちろん可能でコレステロールが多く含まれている食材は
卵・魚卵・エビ・タコ・肉類などには一定のコレステロールが含まれていますで
接収することも可能ですが、ほとんどは体内で作られて
コレステロールの働きをします。

 

糖質異常病はかつては、コレステロール値が一定の基準を超えていたら
診断されていましたが、善玉コレステロール値は病気に関わりがなく
悪玉コレステロールが病気を発症することがわかり、
診断の際は、「悪玉」「善玉」は区別されるようになりました。