糖尿病・高血圧・糖質異常症 生活習慣病の治し方

高血圧は2種類??

高血圧には大きく分けて
2種類の高血圧があります。
「明確な原因がわかっていないもの」
「明確な原因がわかっているもの」
この2つに分けられます。

 

医学的な用語で言うと

 

本態性高血圧
=「明確な原因がわかっていないもの」

 

二次性高血圧
=「明確な原因がわかっているもの」

 

高血圧を改善することができるのが
本態性高血圧=「明確な原因がわかっていないもの」になります。
生活習慣病の高血圧はこの本態性高血圧になります。
二次性高血圧は次の記事で説明しますが
生まれつきの高血圧になりますので
原因がはっきりしていますので通院が必要になってくるものです。
薬の投与によって改善していくものなので
まずは自分自身がどちらの高血圧なのが
しっかりと確認をしたうえで改善していくことが必要となります。


二次性高血圧

二次性高血圧とは
原因がはっきりとしているものです。
つかり生まれつきの人が多く
若い人に診断を受ける人がほとんどになります。
この二次性高血圧は高血圧患者の約1割になります。

 

この二次性高血圧の原因は
@腎臓機能による高血圧
A腎臓の血管による高血圧
Bホルモンによる高血圧
C大動脈による高血圧
主にこの4つになります。

 

二次性高血圧は4つに分類されますので
医師と相談しながらの治療になります。
手術で多くの場合は治るとされていますが
高血圧合併症を伴っている場合は
さらなる手術が必要となります。


本態性高血圧

本能性高血圧
原因が明確にわかっていないものになります。
この本能性高血圧が
生活習慣病の一つになり、
約9割がこの本能性高血圧に分類されます。

 

生活習慣から発症することが多く、
喫煙・過度な飲酒・不規則な食事や睡眠時間など
さまざまな原因が入り混じって発症するため
明確な原因がわかっていないものと分類されます。

 

症状はなかなか表に出ないことが多いため
定期健診や健康診断なので偶然にわかることがほとんどです。
症状がある程度進むと、頭痛や肩こりや倦怠感などの
症状が出てきた場合、早急に改善を考えられた方が賢明です。

 

改善プログラムを検討されている方
生活習慣をどう直せば、どう改善出来るかをしっかりと
把握することが出来るプログラムをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

<<<前の記事  次の記事>>>